Chat with us, powered by LiveChat

研究資金を得られるかどうかは複雑な研究計画書を明快に表現できるかにかかっていますが、これこそがまさに当社の強みです。

研究助成申請計画書を校閲する際には、研究の背景や提示する研究方法、研究組織の業務の説明などをいかに効果的に概要や研究目的、その研究の長期的な影響の記載の枠組みに含められるかに特に注意を払い、明快かつ論理的に研究プロジェクトの潜在的な重要性を強調するようにします。

Contact us via WhatsApp

Online Hours: Mon-Fri,9 am-6 pm

研究助成申請の流れを熟知
過去20年に渡り、数千におよぶ多分野における研究助成申請計画書を校正してきた実績があります。より読みやすく、目標となる資金を得られる確率を上げるために、計画書の体裁をどのように整えればよいのか、当社の校正チームは熟知しています。


対象分野専門スタッフと英語専門スタッフによる共同校正のメリット
お客様の論文はまず対象分野の専門スタッフによりその分野における論文の体裁にふさわしいか、研究結果報告や文献引用方法の決まりに沿っているかチェックされ、その後英語専門スタッフにより全体の読みやすさに特化した修正が行われます。

校正後支払いに対応(教員の方のみ)
お手伝いできるすべての機会を大切にし、大事な時に計画書の提出遅延といった事態が起こることを防ぐために、教員のお客様はお勤め先などの必要情報をご提供いただくことで、校正完了後のお支払いという特別サービスをお受けいただくことができます。

校閲範囲

当社は様々な分野の論文の校正・校閲に対応しており、優れた校正力は学界から高い評価を頂いております。以下の点に注目して原稿の修正を行います。

英語用法および文法
一般的な英語用法や文法の慣例に準じます

スペリング、文書記号の用法
意図を正確に伝えるために、正しいつづりや適切に文書記号が使用されているかを確認します
用語の一致性
技術用語が正しく用いられているかチェックします
文体
文法や文の要素や組み合わせの誤りを修正します
読みやすさ
データ資料、研究結果や理論に合わせて表現をブラッシュアップします
構文
必要に応じて、段落や項目の全体的な構文を見直します

ファイル形式

WordやLatex、PDFなど様々なファイル形式での校正が可能です。校正作業はパソコンで行われるため、WordやPDFですと、より効率よく校正作業を行うことが出来ます。PDFのみの場合は、原稿を印刷して手作業で校正を行う必要があるため、修正内容に合わせるお客様の手間が増えてしまいます。

LaTex (.tex)ファイルの場合は、校正作業時に変更履歴を残しておけるようにLateXをWordに変換して作業を行います。LaTexコードは変更しませんので、校正後テキストをLaTexエディターにコピーすることが出来ます。

もちろん、PDF形式の紙文書の手作業による校正も喜んでお引き受け致します。

お見積もり・ご発注の流れ

ステップ1

お客様の原稿をセキュリティ保護された当社のネットワークシステムにアップロード

ステップ2

原稿を確認して複数のサービスや校正プランを含めた見積書を送付

ステップ3

お客様に合ったプランを選択して見積書を確認

ステップ4

作業の進捗状況を知らせるメールが届く

ステップ5

ジャーナル投稿の条件を満たした校閲済み原稿をダウンロードして完了

リピータープランおよび割引制度

同一学校内の様々な学科、学部、研究センターや事務局のお客様で、一定の作業量による契約や校正サービス会社指定による割引を検討されている方は、どうぞお気軽にご相談ください。

リピーター割引クーポン

毎回のご注文完了時に3ヶ月間有効のリピーター向け5%割引電子クーポンを進呈致します。

新規顧客紹介制度

当社のサービスをご友人や同僚に紹介いただくと次回のご注文が10%割引されます。

ボリュームディスカウント

30,001 – 60,000 文字 – 5% 割引
60,001 – 100,000 文字 – 10% 割引
100,001 文字以上 – 15% 割引

地域内のトップクラスの大学や研究者からの高い信頼